介護3年目の思い

父の介護をはじめて3年になります。

今まで私自身は病院勤めをしていた経験から、
父の病気の状態は一般的な人よりは理解しているかもしれません。
しかし、他人から見たのと、身内では遥かに違いがあります。

父は病気で倒れる前は仕事もしていましたし、
普通にバイクも乗りまわし、車の運転もできていた人でした。
車の整備士を長年務めあげた人でしたので
手先が器用で何でも自分で直してしまうような人でした。

そんな人が急に病気になり自分の身の回りのことも
ままならなくなってしまいました。
人間の人生なんて急に何が起こるか分からないものですね・・・
私自身も、そんな父が急に要介護5の介護者になるなんて
思ってもいませんでした。

今や定年が70歳になるかも?と騒いでいますね。
父が倒れたのは69歳。
高齢化社会が進み、これから60代は
まだまだ働かないとならないかもしれない年代ですよね。

元気なお年寄りも世間では沢山いますが

1人要介護者が家族に居れば、介護者の負担も増え
仕事も減らしていかなくてはならないし、
逆に言えば必要なサービスを受ける為には、
ある程度のお金が必要だったりします。
考えてみたら、色々と矛盾ばっかり生じますね。

年金もありがたい制度ですが、
今後は年々減る一方?!支給が70歳過ぎから?!

自分も、どこまで元気でいられるか分かりませんし、
自分自身の老後の蓄えは必要なのかもしれませんが・・・
現在介護をしているので、今はガッツリ働けないことも事実で、
父にはまだ、もう少し元気で居てもらいたかったのが正直なところ。
共倒れにならぬように、無理せずに介護は続けていきたい。
今はそう思うようにしています。

仕事も辞めてしまおうかと思ったこともありましたが、
仕事を辞めてしまうことで介護しかない生活のが辛い・・・
仕事は生きがいとは決して言えないのですが、
今の私には介護でない世界があることが救いなのかもしれません。